子連れのコンサルタント高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、小出宗昭氏に師事し、f-Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。地方中小企業における女性活躍の現場も数多く見てきています。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。舞日、舞進です。

子連れのコンサルタント高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」 イメージ画像

2017年09月

さて、 夏休みが終わって、2週間。 娘曰く、 「夏休み? 何も変わらない。」と。 いや、 違うって。。。 そんな夏休みの約40日間。 夏休みの過ごした方 1ヶ月と1週間。 どうするの?!!と、恐れおののいたわけですが、 意外に、過ごし始めるとあっという間。 そもそも、
『【「小一の壁」第2弾】夏休みの過ごし方』の画像

実は、 家族とかの肩を揉んであげると、 上手いね〜とよく言われるわけです。 特に勉強したわけでもなく、 ツボを知っているかというと、 あまりそうでもない。 だから、誰にだってできるはず。 と、私は思うけど、どうも違うみたい。 私の凝りのひどいパートナーは、 「時

9月4日から、3日間、愛知県立大学で「NPO論」集中講義を担当しました。 3日間起業家さんに登壇してもらう 1日目は、6月に開業したばかりのバディカフェ佐藤さんに、 ネパールバディ族の少女たちの現状、そして、なぜこういう事業を始めようと思ったのかをお話ししてもらい
『愛知県立大学外国語学部(NPO論)で集中講義でした。教育に情熱を持つ人が現場に増える大切さを実感しました。』の画像

小学校1年生の娘の夏休みが終わりました。 10個の宿題が出ました。 この約40日間の戦いを、なんとか制しようと、終業式に作戦会議もしました。 > http://takashima.blog.jp/archives/54754085.html 悲劇の自由研究 ほぼ計画通り、 大体は、7月に終わりました。 そして、9
『小学校1年生、夏休みの宿題は親の宿題。貧困の連鎖はここから。』の画像

↑このページのトップヘ