コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、小出宗昭氏に師事し、f-Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。
いろいろ、不器用だけど、日々奮闘。
舞日、舞進です。
長女ういが「しょうがっこうがだいすき」を2018年秋に出版。学研プラスから2019年4月に絵本化。

コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」 イメージ画像

更新情報

娘たちの宿題やテストを眺めていて、思います。  あっ、  ここが苦手なんだな。 大原則は、 できないことができるようになることが大事。 だから、 宿題で出ている箇所ができないなら、 ぜひ取り組んでもらいたい!!   ↑   私の強い願望。 でも、 大人も子ど
『「ゲーム」 × 「ニンジン」 子どものモチベーションを上げる方法』の画像

先日、 次女6歳が習字教室の宿題をやっていないことに気づき、 大慌てでやっていました。 とにかく、殴り書く!!! 習字なのに、 とにかく、殴り書く!!!!! えっ?! そりゃないでしょ・・・。 それ、 なんの意味もないんじゃない? 手段がゴールになっている。
『殴り書きもOK ?! 宿題の「ゴール」と親の役割』の画像

私  今日は宿題をやる?やらない? 娘  やる。 私  はーい。じゃあ、いつやるの? 娘  あとで。 私  あと何分?何時から? 娘  あと10分後から! 家に帰った時の、 私と子どもたちのやりとり。 私が大事にしているのは、 やるのか、やらないのかは、自分たち
『「今日、宿題はやる?やらない?」』の画像

夕方、 保育園に娘をお迎えに行く。 子どもたちは、 遊んでいたおもちゃを片づけて、玄関に出てくる。 そして、 シューズと靴を履きかえる。 いつものお迎えルーティン。 気長か?せっかちか?! ちょうど、長女が 2歳くらいの頃だったでしょうか。 娘が靴を履いていると
『充実感と自信を作る子育て[せっかちでも子どもペース]』の画像

先日、OKa-Bizでお越しになった事業者さんに、「キャッシュレスは本当にしたほうがいいんですか?」 と質問されました。 キャッシュレス導入について、熱弁しました(熱弁は言い過ぎ。)。 おままごとは、家庭をあらわす 家に帰ると、娘たちがおままごと。 長女 ちょっ
『PayPayと領収書。 [ 聞く、気づく、真似る、育つ ]』の画像

無料送迎、 そして訪問もしてくれる「えみ美容室」さん!! >> えみ美容室さん http://sachira.boo-log.com/ そう、 店内は、昭和レトロな感じ!! 実は、 結構、懐かしく感じて、 初めてなのに初めてな感じがしなくて、緊張しない。 でも、とてもおしゃれで綺麗な美容
『昭和レトロで居心地抜群!訪問・無料送迎の「えみ美容室」、手際いいカットで実は子育てママも安心♪』の画像

次女は、4月から小学校1年生。 そう、私には、 2度目の「小学校1年生の壁」がやってきています。 2度目は1度目とずいぶん違う 働く親にとって、 仕事と子育ての両立ができるのか不安になってしまう「小1の壁」。 長女の時は、戦々恐々としていました。 >> 1度目
『2度目の「小1の壁」で実感、イメージできることの心強さ。』の画像

毎朝、 私たちは修羅場に立っています。 私 今日は食パンだよ。 子 え〜!じゃあ焼いてバター。 私 どうやって食べる?   切る?1枚? 子 ん〜、こう切って、こう切って。 私 こう、って、どうよ? 子 だから、こうやって、切って。こうやって切って。(ジェスチャ
『子育ての修羅場が「具体化力のプロ」を育てる【トーストのレシピ作れますか?】』の画像

仕事で「敵をつくる言葉」「味方ができる言葉」ハンドブック 手元に届いてから約2週間。 ようやく、落ち着いた時間ができて、読み始めたら1時間ちょっとで完読。 あっという間に読んじゃいました。 ちょっとした、日頃の言葉遣い。 ちょっとした、日頃の心がけ。 仕事だ
『仕事も子育ても夫婦も言葉の使い方をちょっと変えるだけ。本間正人さんの新著『仕事で「敵を作る言葉」「味方ができる言葉」ハンドブック』』の画像

ういの本が出て 先日ツイッターで「しょうがっこうがだいすき」をちょっと検索しました。 ありがたいことに、とても好意的にコメントしていただいている方もいて、本当に本当に感謝です。 一方で、否定的な方もいました。 もちろん賛否両論あるのは、ごく当たり前のこと。 ま
『「しょうがっこうがだいすき」じゃなくていい。子どもはとても柔軟で、多様性に溢れてる。』の画像

↑このページのトップヘ